• 花畑

原因について

男性

精神保健福祉法代32条

躁鬱病の原因には様々なものが考えられます。中でも考えられる可能性が高いのが、前述したように従来のうつ病から発展するパターンです。うつ病の主な原因は生活習慣の乱れ、過労、環境の変化、人間関係のゴタゴタなどがあげられます。したがって、これらの原因が躁鬱状態を作り出す原因にもなりえます。家庭内での不和や近親者、友人との死別、財産など経済的なことが引き金になる可能性もあります。特に環境の変化、人間関係でのストレス、過労により発症するパターンが多いので、うつ病になったら後々躁鬱病になる可能性も踏まえて治療していくことが大事です。また、うつ病から発展したタイプの人には、次のような傾向があるとされています。それは「うつ」の症状が重症である傾向、急なタイミングでうつを発症してしまう傾向、そして幻聴や幻覚などの症状を伴ってうつの症状が始まってしまう傾向です。

治療する際に必要な費用

次に、遺伝的な要素が関係して躁鬱病を引き起こしていると考えられます。これは伝染病のように1つの遺伝子が関係して起こるわけではありません。複数の遺伝子が複雑に組み合わされることによって、躁鬱病が発症すると推測されています。遺伝子が関わっているということに関しては、まだはっきりとした事はわかっていません。しかし、治療の技術自体は確実に向上してきています。大切なことは、症状に合わせた正しい治療法を施すことです。そのために、勇気を出して医師に相談し、適切な治療を施してもらいましょう。

躁鬱病になってしまうと、治療するには病院に通院し、医師による診療が必要不可欠になります。 何かおかしいなと思ったら出来るだけすぐに受診する、または家族や近くに居る人が気づいてあげて診察を受けさせてあげることが大切になります。 程度にもよりますが、躁鬱病の治療は長期間になります。最低でも数ヶ月、中には数年かかっても治療できないような状況もあります。 そしてその多くが躁鬱病によって食を失う状態にあるので医療費が日々の生活で大きな負担となります。 しかし、躁鬱病の場合はあまり知られていませんが医療費が免除される制度があります。 俗に32条といわれるもので、これが適用されると医療費のうち、精神病の治療に当てられていると判断された中の95パーセントが公費で支払われます。

躁鬱病になってしまった場合、病院に通院して医師による治療が必要となるわけですが、実際の治療費はどれくらい必要になるのでしょうか。 これは実際に通院して医師に診察をしても羅手でナイトはっきりとした数字は出せませんが、おおよその費用は出せます。 躁鬱病の治療は普通の病気とそれ程変わりはありません。 まず、病院に行ったら自分の現在の症状などを質問用紙に書いて提出します。 石は提出された養子を元に色々と質問をします。 心の病気なのでこの問診の時間は通常の病気の場合よりも長く取られることになるでしょう。 そして必要であればお薬を出され、次回の予約をして終了です。 初診でだいたい平均5000円くらい、以降は診察に一階1000円くらい、薬1種類につき1000円といったところです。

↑ PAGE TOP