• 花畑

どんな症状か

女性

心理カウンセラーが行う鬱病の治し方

躁鬱病には、うつ病独特の気分の落ち込み、未来への悲観、慢性的な無気力状態のほか、躁状態も現れます。その「躁状態」とは、気分が異様に高揚し、ひどく落ち着きがない状態のことを指します。具体的に言うと、「根拠のない全能感がある」、「よくしゃべるようになる」、「次々と色々なアイディアが浮かんでくる」、「注意力がいつもより散漫になる」、「金遣いが荒くなり、浪費してしまう」などといった症状が見られます。ハイな状態が続いていたかと思えば、不機嫌で怒りっぽい状態になってしまったりなど、周囲から「いつもと明らかに違う」と思われてしまいます。これらの症状には強弱があり、あまりにも気分が上がりすぎたり、攻撃的で起こりぽくなってしまって周囲の人間関係や生活に支障がでてしまうものは躁状態と呼ばれます。気分が高揚していつもと違うことも周りは分かっているが、生活や人間関係に何のトラブルも起こしていないのであれば、「軽躁状態」と呼ばれています。

躁鬱病の再発を起こさない為の根治治療を行っている心療内科

躁鬱病の多くは、前者のパターンです。前者の躁鬱病は、うつ状態と躁状態の状態が比較的はっきりしているため、治療もややしやすい状態になります。しかし、躁状態の時の患者さん本人には病気の自覚がないため、治療に時間がかかる場合もあります。治療を始めてしばらくして症状が収まったと思われても、油断は禁物です。しっかりとした治療を行っていても、躁鬱病は再発の危険性があります。ですので、しばらくは治療を続け、様子見をすることが大事です。

現代病だと囁かれている躁鬱病は、心の病気として今多くの方がこの病気と闘っているといわれています。何かの原因がきっかけとなり、それが引き金となり心が病んでしまう躁鬱病は、適切な治療を行わなくてはなりません。知らず知らずに病気が進行する躁鬱病には、症状も人それぞれですが、心の病として沈んだ気持ちや塞ぎ込むといった症状が挙げられています。また、何をするにしてもやる気が起きない、うつな気分が襲いかかるなどの症状もあります。近年の医学では躁鬱病の治療は、処方箋の薬を飲用することで改善できるといわれており、治療費はおよそ5千円前後が相場です。まず、カウンセリングを行いながら病状を診断し、適応する薬を処方されます。

躁鬱病の特徴は、気分が優れない日が長く続き、死んでしまいたいという悲観的な衝動が迫ってくる、という症状があり、不眠症からくる眩暈や動悸が起こり、血圧が上昇するといった症状もあります。心の病である躁鬱病は、早い内に適切な治療を受けることで完治する病気です。そのためには専門的な病院で診てもらうことが大切なことです。はっきりとした原因を見つけ出し、患者様に適応した薬を飲用し、定期的な診察、カウンセリングを行うことにより改善します。躁鬱病の治療は、心を穏やかに保つことが基本になり、様々な要因を含めた鬱の病状を和らげるための治療を行います。心療内科では、再発を起こさない為の最先端の根治治療を行っています。

↑ PAGE TOP