• 花畑

治療法

悩む男性

躁鬱病の治療法には、2つの治療法があります。まず薬物治療ですが、この治療で出される薬には様々なものがあります。代表的なものでは、「気分安定剤」、「睡眠薬」、「抗うつ剤」、「抗精神病薬」などが挙げられます。気分安定剤は、躁状態とうつ状態での気持ちの波を出来るだけ小さくし、気持ちを安定させるために用いられます。躁鬱病の再発にも効果的です。躁鬱病を発症して治療を開始する際、まずこれが最初に出されることが多いです。睡眠薬は、不眠症の症状を緩和するために服用するものです。抗うつ剤は、うつ状態から躁状態への転換を促す可能性も考えられます。ですので、躁鬱病の治療には基本的に服用しません。しかし、うつ状態があまりにも重症であった場合は例外です。

続いて精神療法は、心理教育や対人関係両方などといったものがあげられます。心理教育とは、患者さんと担当医がマンツーマンで行う療法です。患者さんと目線を同じにして、病気に関する情報交換をしたり、更に理解を深めていくというコンセプトで進めていきます。これらの治療はマンツーマンの他、家族を交えて行うパターンもあります。これは周囲の理解や協力を得ていくためにも重要な治療法です。対人関係療法は、患者さんの対人関係に関する感情をテーマにし、その対処方法をイメージしていく療法です。このシミュレーションをしていくことで、対人関係に対する感情や捉え方を変化させていくことを狙いにしています。

↑ PAGE TOP